脱オタク 風俗

脱オタク風俗ガイド

ソープで童貞卒業したあるオタクのブログ

脱オタク風俗ガイド » 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記 » 

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記19  そして伝説へ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

苦節20々年の己の塊をぶちまけた僕。。。
ちょっと放心状態ですたw (゚Д゚ )
なんというか、女性を抱いたかんじはなかった。
たしかに童貞を卒業したのだけど、あまり実感はなひ。。。( ゚Д゚)
脱オタクしたという達成感もなひ。。。
女性を抱いたというよりも、、、
ママンにおしめをとってもらったかんじ? (*_ _)
一人前の男になったとはいえない・・。
む。。。
・・
・・・
・・・・
・・・・・まぁ、気持ちよかったけどw (*´д`*)

放心状態の僕を尻目に、ももさんはせっせと片づけをしています。。。

高級ロリソープ 平井まりあ

時間を見ると、、あと15分ぐらいはあるようです。
まだだ。たかがメインカメラをやられただけだ。
もう一発いくぞ!

・・・と言いたかったのですが、ただでさえオナニーのしすぎで遅漏のリトル・ジョン。
すでに一発終えているので、さらにパワーアップしているはずw
さすがに無理ですた(((;-д-
(そもそも50分コースで二回戦はさせてくれないことが多いです)
・・
・・・
・・・・あと15分
横には黙々と後片付けをするももさん。。
・・・
・・・・なんとも言えない沈黙の空間が。。。!
こ、これはマズイ! な、なにか話さなければ!!( ゚Д゚)マズー

・・
・・・
「・・・あ、あの、、、あ、ありがとござますたっ」
「?? は、はぁい。こちらこそぉ~♪。私なんかが初めての女(ヒト)でよかったんですかぁ?」
ギリギリモザイク 妄想的特殊浴場 本指名 倉田ゆい

「も、もちとん。もちろんですよ。よ、よかったです」
(・・よかったですって言い方もどうかと思いますがww(^^;;)
「ふふ。じゃあ、よかったでしたぁ♪ 丁寧な方ですねぇ。おいくつなんですかぁ?」
「ふぁ、ふぁい、、あの、に、23でふ」
(当事の年齢です)
「じゃあ、私より年上ですよねぇ。わたしは20なので。敬語じゃなくていいですよ♪」
「ふぁ、ふぁい。。あう。あ、そ、そう・・・?」
「はい♪ 学生さんなんですかぁ?」
「え、えと、はい。が、学生です。。。今度、就活するんです。。」
人生でほとんど初めての、女子とのわりと長い会話ですたw

「就活するんだぁ~。すごいねぇ~♪」

「ふ、はい。就活のために、も、もっと自信をつけようと、ど、童貞を卒業しようとおもて、、、」
「あっははー。そうなんだぁ♪ 自信つきましたぁ?」
「うー、うーん、、、、わ、わかんない(´・ω・`)」
・・
・・・・
・・・・・という感じで残りの15分間、けっこう会話が盛り上がったのです。(*^^*)
いや、盛り上がってないかもしれないけど、女の子と普通に1対1で長い時間会話ができたのです。
童貞を卒業したことよりも、
女の子と密室で1対1で、
コミュニケーションをしたという事のほうが
ボクにとっては大きかったような気がしますた

オタク半ヒッキーなボクでも、女の子と普通に会話ができるんだ・・・と少し自信がついたのです!
風俗、おそるべし。。。。
ふ、深いよ。( ´д` )ママン

童貞を卒業した達成感と、1対1の女の子とのコミュニケーションの楽しさを満喫した充実感でいっぱいのまま、ももさんとお別れしますた。

ありがとう、ももさん。。。(´▽`)

ももさんが初めての女(ヒト)でよかったよ。。。
個室を出て、また待合室に通されます。
お店の人がやってきて
「本日は、ご予約のなつきが接客できなくて申し訳ありませんでした。ももはどうでしたか?」
と尋ねられました。
「問題なかったです。。。( ̄ー ̄)」
・・・と、かっこよく一言を残し、さっそうとお店を後にしたボクですた。。。
なんだか分からないけど、確かにちょっと変わった気がする。
脱オタクとまでは言わないけど、ちょっと自信が持ててきたような気がする。。。
そして、風俗の気持ちよさを知ってしまったw 
(*´д`)


また、バイトしてお金を貯めて来よう。。。
がんばって就職活動しよう。。。
(風俗のために就職するのか?w)
社会人への新たな希望w を胸に、ソープ街を去るゆうくんですた。。。
脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記 完
(ブログはまだまだ続きますw)
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19
紅音ほたる無修正動画が見れます。月5000円ぐらい。ボクも愛用してます。1年半ぐらい会員ですw クレジットカードで簡単決済。今日から見れますよ。おすすめしまふ

M-1 発毛育毛ミスト

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記18 射精しちゃったの巻き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分



あんあぁんっ
ももさんがボクの上でピストン運動しまくりですw
むむ、、あ、あぁ
き、きもちぃい
き、きもちぃぃぃよ、ももさん。。。(*´д`*)
なんだか、射精(イケ)そうな感じだけど、、
や、やっぱり、脱オタクのためにも
正上位でやりたい!(*゚∀゚)=3
完全にマグロ受身オタなボクだけど、、
女の人を上からズンズン突いてみたい!(*・∀・*)
「あ、あの、、、」
「あぁん、ぁあん、気持ちいいですかぁ?」
「ふぁ、ふぁい。。。あの、その、、」
ももさんに体位変更を申し出ようとするボクw 
あぁうん、あぁあん
でも、ももさんはそんなボクにお構いなしに腰を振りまくりますw (゚Д゚ )


あぁうん、あぁあうん

「あ、あの、も、ももさん、そ、た、体位を。。。」
だんだん、腰を振るスピードが速くなっていきます。。

完全にラストスパートを意識しているようですw

オナニーのしすぎで超遅漏のボクにうんざりしてしまったのでしょうか、、、
ここが踏ん張り時!とでも言うかのようなスピードで腰を振りまくりますw
このチャンスを逃したら、このキモオタ童貞くんはイッテくれないかも、、という危機感を感じますw
「あ、あの、ちょ、ちょっとま、まって。。。」
あぁあん、あぁあん
ボクの声を掻き消すかのように、あえぎまくるももさん。。。w
「あ、あの、、う、うっ、き、きもちぃいい (*´Д`)」
き、気もちぃい、、、、う、あう、
き、気持ちよすぎる。。
も、もう、、、

もうダメぽ(*゚Д゚)


ドピュっ

・・・何ともいえない快感が脳天を直撃です。。。
ゴムの中とはいえ、女性のおまむこの中に放出しますた。。。
苦節20々年分の己の魂をぶち込みますたw
女子への憧れ・欲望・憎しみ・憧憬・畏怖
すべての感情をそそぎこみますたw

「はぁい。出ちゃいましたねぇ~♪ よかったねぇ。童貞卒業おめでと~☆」

・・・あくまでも軽いノリのももさんw

「ふぁ、ふぁい、あ、ありがとござますた」
・・・
・・・・
・・・・・た、たしかに、
たしかに気持ちよかったけど、
たしかに童貞を卒業したけど、、、、なんか空しい。 ( ・。・)
全然、女性を抱いた気分になれない。。。
こ、こんなはずでは。。。。
女性を抱いて、童貞を卒業して、一人前の男になって、脱オタクするはずだったのに。。。
そんな感傷に浸っているボクにはお構いなしに、ももさんはゴムの後処理をしていますた。
手馴れたモノですw
・・
・・・む
・・・むむ
・・・・や、やはり、勇気を出して正上位に挑戦するべきだった、、、気持ちよかったけど(*´д`*)
気持ちよかったけど、ちょっと失敗したぽ。。。
こ、こんなハズではなかった。。。
認めたくないものだな、自分自身の。
若さ故の過ちというものを・・・!

ゴムの中のボクの分身を処理してくれているももさんを見ながら、
ボソッとつぶやくゆうくんですた・・・・。
つづぐ
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

ブランディア 口コミ

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

「おちんちん、やっと元気を取り戻したねぇ♪
 じゃあ、もう一回がんばりましょぉ~♪」

「ふぁいっ!! <(>Д<)!!」
やっと機嫌を取り戻したボクのリトル・ジョン。
そのリトル・ジョンの上に、またももさんがまたがります・・・。


あんっ、ううっん
リトル・ジョンにまたがって、腰を振りまくるももさん。。。(*´д`*)

・・
ぬぬ・・
な、なんか
だんだん気持ちよさがわかってきた
(;´Д`)ハァハァ・・・

オナニーで鍛えすぎた我が息子も、どんどん限界に近づいていきまふ。。
・・・(;´Д`)ハァハァ・・・
ももさん、身体を反った時が気持ちいいデス。。。
(*´д`*)



うんっ、うんっ、あぁんっ
身体を反ると体重が後ろの方に乗って、リトル・ジョンがおまむこの中で上手い具合にこすれる。。。。(*´д`*)
ちょうどいい具合におまむこがしまるのです。。。ハズカスィw
リトル・ジョンがももさんの中でこすれる感じが気持ちいいいです。。。
(;´Д`)ハァハァ・・・
ああ、タマラン。。。
な、なんか、、
こ、このまま、、、
ぶ、無事に、、
射精(イケ)そうな感じ??
も、もう射精(で)ちゃうかも。。。
完全にマグロ状態のボク。
(;´Д`)ハァハァ・・・
き、きもちぃぃ。。。
・・
・・・
・・・・し、しかし、
こ、これじゃあ、、、
し、正直。。。
正直、女性を抱いているという気分にはなれません。。。
こ、このままでは、、
このままではぁ、、、
こ、このままでは童貞を卒業とはいえない・・・!??
このままマグロ状態で果ててしまったら、脱オタクとはいない・・・???
ど、どうする??
どうするよ
どうするよ、俺
大事だぞ、ここは
どうするよ、俺
つづくぅ
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

autoway

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記16 これが69・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

すっかり元気をなくしてしまった我が息子・・・。
リトル・ジョン・・・。
「じゃあ、こうしちゃいましょぉねぇ♪」
と言って、ももさんがクルッと反転しますた。
こ、これは・・・・!!??
目、目の前に・・・ももさんのおまんこがっ・・・・・!!
苦節10々年、モザイクごしに憧れ続けた女性のおまんこが・・・!!
これがシックス・ナインといふものなのですね・・・
(゜∀゜)


ちゅぱちゅぱ
ぽしゅっぽしゅっ
ももさんの口使いの音が聞こえてきます。
ぼ、ぼくもなめなきゃ・・・
ちょ、ちょっと抵抗あるな・・
は、恥ずかしいし・・ (*_ _)
他人(ひと)にチンポしゃぶらせてるのに、
自分はマンコなめたくないなんて外道なボク。。。

ボクがなめないなんて、ももさんに悪い・・・( ゚Д゚)
勇気をだして舐めてみますたw
ぺろっ
あんっ
ぺろぺろ
あんあんっ
なめる度にももさんのあえぎ声がっ!
調子に乗ってなめまくりですw
ああん、あぁあぅん
ももさんのあえぎ声に、リトル・ジョンが元気を取り戻してきますたw (゜∀゜)
ぺろぺろぺろ・・・
む・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・正直、ちと臭い( - _ - )
自分のことは棚にあげてですが・・・
初めてのおまんこの味は微妙ですたw
舐めるのは正直微妙ですたが、目の前には憧れのおまんこぱっくり御開帳です。
いぢらないわけにはまいりませんw
中指で出し入れしまくりです。憧れの指いれです。
そぉか、、、Fu〇k you の指ってこのためにあったのですね・・・。
また、一つ大人になったよ、ママン。( ̄ー ̄)
初めて見るおまんこ、愛しのももさんのおまんこは本当に真ッピンクでキレイですた。中に指を入れるとぐちょぐちょでアツアツですた。
それでいて、指を締め付けるような吸い付くような、何ともいえない初めての感触ですたw
だんだん、余裕が出てきたボク。
おまんこをいぢりたおしますw
「あぁうん、気持ちいぃいよぉ。 
おちんちん、また元気取り戻したねえ♪」

「ふぁいっ!! <(>Д<)!!」

いつもより威勢良くしっかりと返事ができますたw
つづく
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記15  萎えるの巻き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

ももさんが完全にマグロ状態のボクの上で腰をフリフリしてくれています

「あんあん、あん~♪」
か、かわぃぃ。。 (*´д`*)
き、きもちぃいぃい。。。
で、でも、た、たすかに気持ちいイイけど。。。
全然、射精(イキ)そうにない (;´Д`)
「うん、ぁん、あんん~」
一生懸命おしりを振りまくるももさんも、だんだん疲れてきたみたいでちょっと休みがちに・・・。
「んん~、気持ちいいですかぁ??」
「ふぁ、ふぁいい。。」
気持ちいい、気持ちいいけど、いきそうになひ。。。
ご、ごめんよ。ももさん。。ー(´Д`;)・∵. ..
息子がご迷惑お掛けしています
焦りと申し訳なさで・・・
・・
・・・?
リトル・ジョンがいじけてしまって、萎えてしまいますた
「あれれぇ? ちょっと元気なくなっちゃいましたね?」
「あ、あぅう、す、すみましぇんん (´・ω・`)ショボーン」
「じゃあ、もう一回舐めてあげますねぇ♪」
ももさんがボクの上から飛び降りて、リトル・ジョンの方へ向き合います。
ちゅぱちゅぱ、ぺろぺろ

ももさんがフェラでリトル・ジョンを元気付けてくれています。
でも、ボクのリトル・ジョンはなかなか元気になってくれません。。。
・・
・・・
ぬぬぬ(;´Д`)
かなり慌てるボク。(゚Д゚)
ももさんも一生懸命フェラしてくれています。
立っておくれ
元気になっておくれ
機嫌を直してくれ、リトル・ジョン・・・
自分に対する情けなさと、何よりももさんに対する申し訳なさで、
祈るような気持ちですた。。。( ゚Д゚)マズー
立って
立ってくれ・・・
勃っておくれぇーーーヽ(`Д´)ノ
立ってくれ・・・立てよ!
初めてガンダムに乗ったアムロのような気持ちで祈りますたw
「うぅん、なかなか元気になりませんねぇえ。。。??
よぉし、じゃあ、こうしちゃいましょぉ~!」


・・
・・・なっ! ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
つづく
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記14 そして挿入へ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

「じゃあ、ゴムつけましょぉねぇ♪」
「ふ、ふぁい。おながしまふ」
ももさんがコンドームを口に加えて、リトル・ジョンにかぶせてくれます。

流石、プロですw
慣れた手つき、いや口つきで、お口でゴムをかぶせてくれますたw (。A 。 )
「じゃあ、いれますねぇ~」
つ、ついに・・・・、そ、挿入・・・!!
ボクは一世一代の卒業というイベントに、テンションあがりまくりですた。(*´д`*)
無言ですがw
そんなボクの興奮とはうらはらに、ももさんは何とも無造作に、ボクのリトル・ジョンの上にかぶさりますw
にゅっ
・・
・・・
・・・・!?
「はぁい、はいりましたぁょ♪」
・・・・・・・??
え? はいったの??
いぶかしげに、頭をあげて股の方をみてみると、
確かにリトル・ジョンはももさんのおまぬこの中にスッポリとはいっておりますたw
こんなものですか? (・∀・)
というのが、初挿入の正直な感想ですたw
もっと、ぐちょぐちょ、ヌルヌルでふわふわであつあつで、
ちょー気持ちいいものを期待しておりますたw
どうやら普段からのオナニーのし過ぎ
リトル・ジョンは鍛えられすぎのようですたw
刺激に鈍感になっているようですたw
「気持ちいぃ~ですかぁ??」
「ふぁ、ふぁい」
と言いながら、
自分の右手の方が数倍気持ちいいナ
などど悲しい事を考えていますた(;´Д`)
「あん、あぁん、あん~」
と淡いあえぎ声をあげながら、ももさんはボクの上で一生懸命腰を振ってくれています。
きっと演技なんだろな
などと、またまた寂しいことを考えてしまう哀れな僕・・・。
そんなことを考えてしまっているボクのことなんかおかまいなしに、
ももさんは一生懸命腰をふりますw
「あぁうん、あぁうん、気持ちいぃよ」

挿入感は正直期待していたほどでもなかったのですが、
かわいい女の子がオパーイを振り乱して腰を振っている様はエロすぎですw
自由な両手で、ももさんのオパーイをこの時とばかりにもみしだきますw
「あんあん、あぁん」
ぱこぱこ、ふりふり、ゆさゆさ
ももさんが一生懸命、腰を振り続けます・・・
自分のゴッドフィンガーに比べればたいした事がないけどw
確かに気持ちはよいです(*゚∀゚*)スンスンスン
・・
・・・
・・・・
でも、このままじゃいけそうにない!!Σ(゚д゚lll)
確かに気持ちはいいのだけど、
全然、射精感にまでたどりつかない・・・
腰を振っているももさんも、だんだん疲れ気味になってきている・・・
こ、このままでは・・ま、まずい。
まずいぞ、俺 (;´Д`)

次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記13  そして挿入へ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

「はぁい。じゃぁ、ベットにいきましょぉねえ♪」
キタ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)━━━━!!!
「ふ、ふぁい。お、お、おながしまふ。」
「うふふっ。きんちょおしないでぇ~。こっちへどぉぞ♪」
慌てて湯船から飛び出ますた。
もぉ、リトル・ジョンはいきりたっておりますたw
これまで女子とはコミュニケーションを避けてきますた・・・。
嫌いだったわけではない。
むしろ、好きだった。
イチャイチャしたかった。
でも、「キモヲタ、( ゚Д゚)イッテヨシ」って
言われるのが怖かった。。。
仲良くしたいけど、拒否されるのが怖くてコンタクトを取ろうとしなかった。。。
意地張って、怖いという気持ちを抑えて、隠して
2次元の世界に逃避していた・・・。
現実の女の子なんか興味ないフリをしていた・・・。

でも、リトル・ジョンは正直ですた・・・。
くやしいけど、ボクは、男なんだな・・・
フラウ・ボウ、見ててくれよ・・
ボクは心の中でそう呟いて、ベットへ移動しますたw
「じゃあ、仰向けに横になっちゃってくださいねぇ♪」
「ふぁ、ふぁい!!(゚∀゚)ノ 」
素直にしたがって、ベットに仰向けにゴロンとなります。
完全にマグロ宣言ですw
(だって、何をしていいかわからないんですもん)
仰向けになったボクの全身を、ももさんは丁寧になめてくれます。
乳首から

臭い足の指まで

あぁあぁ
そ、そんなところまで舐めてくれるのデスカ・・・(*´Д`)
正直、当時は性感が未発達だったので、
オティンティン以外を舐められても、
あんまり気持ちよく感じませんでした。
(後のフーゾク通いで、乳首舐めフリークになりますたがw)
でも、ちょーきったねーし、くっせー足の指
こんな可愛い娘がなめてくれている
という状況に
リトル・ジョンは大膨張ですw
「もぉ、ガマンできませんかぁ?? 
 じゃぁ、そろそろいれちゃいますぅ??」

「ふ、ふぁいっ!! <(>Д<)!!」

つづく
<風俗用語辞典>
マグロ
性交時に積極的に行動をしない人のこと。魚市場で冷凍マグロがゴロンと動かずに横たわっている様子からの連想らしい。
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記12 潜望鏡の巻き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

「しつれいしまぁ~す」
ボクがびびっていることもお構いなしに、ももさんが湯船に入ってきます。
「まだ、緊張しているんですかぁ?」
「あ、あい。あの、その」
緊張しているというかビビリまくりのボクですた。。。
「じゃあ、きもちいーことしてあげますねぇ♪
足を開いてくださぁい」

あう? ( *゚д゚)
ももさんがボクの両足を開いて・・・
ももさんがボクの股の中に入ってきます!!


あ、あうあう??Σ(゚Д゚)
フェラしてあげるね♪」

・・
・・・
・・・・
・・・・これが、
・・・・・これが、
これが、フェラチオ・・・
・・
気持ちいい・・
気持ちいいよ・・
気持ちよすぎるよ、ママン (;´Д`)
さっきまで刺青でびびって萎えまくりの、リトル・ジョンはすでに元気を取り戻していますたw
現金なものですw
「もぉ、ビンビンだねぇ♪ これ
潜望鏡っていうんだよ♪」

せ、せ、潜望鏡??
説明しよーう!
潜望鏡とは、ソープランドの湯船で行うサービスであり、客のオチムポがお湯から出ている状態で、姫が口内愛撫することであーる!
オチムポが湯船から出ている様が潜水艦の潜望鏡に似ているからことから名づけられたのであーる!!

・・
・・・
・・・・こ、これが高級風俗店のサービスの威力なのか・・・っ!

(※ここのお店は総額2万前後であり、決して高級ソープではなく大衆店の部類にはいりますw)
ぴちゃぴちゃ
ちゅぽちゅぽ
初めて感じる女の人のお口の中は気持ちよすぎですた・・・(*´д`*)
「じゃあ、そろそろベットにいきましょうかぁ?」
「ふ、ふぁい!!」
キタ━━━━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━━━━!!!!
つ、ついにこの時がきた・・・・。
童貞からの・・・卒業。
つづく
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19
↓今日の画像は「スーパーモザイク SOAP[高級ソープ] 佐藤江梨花」からお借りしました。

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記11 スケベイスの巻き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ももさんの手が下に伸びていきました。
・・・なっ!!
な、なんと、ももさんの手が
イスの真ん中の溝から出てきますた!
真ん中から出てきたももさんの麗しき御手が
ぼくの忌まわしき穴を洗ってくれています・・・。
(な、なるほどそのための溝か・・・。こ、これが・・・ソープ
(・∀・)イイ!
(※このイスは一般にスケベ椅子といわれているものらしいです)
ああぁぁ
ああうああうああ
そ、そんなところまで洗ってくれるのですね。。。
あ、ありがとう・・・。・゚・(ノд`)・゚・。
こんなボクのそんな汚らわしいところまで丁寧に洗ってくれて・・・
(後に、アナル舐めというものを知り、さらに感動の涙を流すことになることはまだ知らない・・・)
「はぁい♪ キレイになりましたぁ。じゃあ、お風呂にはいちゃってくださいねぇ♪」
「は、はぃ。おながしまふ」
緊張して、ろくにももさんの顔もみれないまま、湯船に入りました。
・・
・・・
湯船についてちょっとずつ落ち着いてきました。
ももさんは、湯船の横でなんだか忙しそうに準備しています。
バスタオルを用意したり、歯ブラシを渡してくれたりしています。
大変そーだなー、と思いながらも、ももさんの裸体を凝視します。
やっと、落ち着いて女の人の裸をじっくり見れますw
ももさんの裸、初めて見る女の人の裸はキレイですた・・・(´ー`* ))))♪
背は小さめで、幼い感じの体つきですた。
だけど、オパーイはほどよく膨らんでいて、ピンクの乳首ですた。
おしりは、桃のようにうすピンクの感じでプリプリですた…(*´д`)アハァ
(そーいえば、何歳なんだろう??)
まだ、ほとんど会話していないから知りませんw
じっくりとももさんの裸を確認wしていると・・
ぬぬっ??
背中にありえないものが!!
パ、パイナップルの刺青です!!
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
・・
・・・
・・・・
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
や、やっぱ、ヤクザやん。。。。
ヤクザの女やん。。
ヤクザの彼氏にここで働かされてるんやん。。
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ
・・・刺青に完全にびびってしまいますた。
これまで以上に硬くなってしまうゆうくんですた・・・。
逆にリトルジョンは萎えてしまいますた。。。
(;´Д`)コワイヨう
ボクのビビリなんかお構いなしに、ももさんは忙しく用意しています。
「じゃあ、私も入っていいですかぁ?」
「あ、あうぁう」
ボクが答える前に、ももさんは湯船の中に入ってきますた・・・!
つづく。
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記10 個室の巻き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ももさんに促されて個室に入ると・・・そこは
完全に浴室ですたw
フツーのうちにあるような浴槽と、、、、
そして・・・
隣にはベットが!!
おお
おおお
キタ━━━(;´Д`);´Д`)
;´Д`);´Д`);´Д`)━━━━!!!

こ、ここで、つ、ついに・・・
あんなことやこんなことを・・・・
そ、そして・・・卒業。。。
童貞からの卒業。。
も、もぉ頭の中がまっしろですた。(*´д`*)
あうあう
あうあうあう
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ
「はぁーい、じゃぁ、服脱いじゃってくださいねえ♪」
はっ、と振り返ると・・・
そこには全裸のももさんが!! Σ(゚Д゚)
キタ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!
つ、ついに・・リアルな女の人のはだか。。。
はじめてですた。。。
リアルに3次元で女の人の裸をみたのは、これが初めて。。。
いや、ママン以来。。。
ついに、ついにここまで来たよ。ママン。
・゚・(ノд`)・゚・。

初めて見る女の人のはだか。。。
ももさんの裸は、まばゆいほどに白く光ってみえますた。。
リトルジョンがもう限界。。。
ボクも急いで服を脱ぎました。無言でw
「はぁい、じゃあ、こっちにどぉぞ~」
と、イスに座るように促されます。
そのイスはなぜか真ん中が空いていますた。
(へ、変なイス・・・??)
と思いながらも言われるとおり素直に座ります。
「じゃあ、お身体あらいましょおねぇ♪」
・・
・・・なんだか、赤ちゃんをあやすような言葉使いw
萌えまくりです
ママン以外の人にこんなに優しくされたことはない。。。
いや、ママンにもこんなに優しくされた事はない。。。
ごめんよ、ママン。
そして産んでくれてありがとう、ママン (>Д<)

こんなに幸せなことがあったなんて。。。
2次元以外にもこんな幸せがあったなんて知らなかったのです。
さらさら、さらさら
ももさんがスポンジで優しくボクの汚い身体を洗ってくれています。。
目の前にはリアル・オパーイが!!
(ああ・・こ、これが、リアルなオパーイの威力なのか!)
さ、さわりたい。。
ぴ、ぴんくのちくび。。。
ももさんのオパーイが目の前をぷるんぷるん跳ねていますw
さ、さわりた・・・い。
でも、全くさわれませんですたw (-∀ー#)
そりゃそーです。
目すらあわせられないのに、いきなりそんなシビアコンタクトできませんw
邪魔しているのはプライド? 男としてのプライド?
いや、ちがいます。
女子への畏怖です。
20数年の間、女子とはまともに話した事がありませんですた。
身近にいる女子といえば、2次元の世界。。。
2次元の女子とは恋愛しまくりだし、あんなことやこんなことまで。。
親父に扮して、陵辱までしてきますたw オハズカシイ
でも、3次元の女子には全く接点がなかったのですw
その女子に身体を洗ってもらっている!!
そう思うだけで感動してしまいますた・・・。
「はぁい、じゃあ、下も洗いますねぇ~」
・・と、ももさんの手が下のほうに伸びます。
・・・なっ!!??
つづく
次へ
◆ 脱オタク的ソープデビュー童貞筆おろし体験記
 01, 02, 03, 04, 05 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
エロチャット